Shigemi

重見 大介

女性の健康や産前産後の困りごとを、気軽に専門家へ相談できる社会にできたら嬉しいです。なんでもご相談ください。

得意分野

産婦人科一般

経歴

2010年 日本医科大学 卒業
2010-2012年 日本赤十字社医療センターで初期臨床研修(産婦人科プログラム)
2012-2017年 日本医科大学付属病院 産婦人科学教室
ーNICU(新生児集中治療室)、麻酔科を含め関連病院で産婦人科医として勤務
2018年3月 東京大学大学院公共健康医学専攻(SPH) 卒業
2018年4月〜 東京大学大学院博士課程(医学部医学系研究科 臨床疫学・経済学教室)進学(在籍中)

なお、以下のように様々な領域の研究にも携わっており、科学的なエビデンスをもとに適切なアドバイスを提供できるよう心がけています。
(以下、研究業績より一部抜粋)
・妊娠中のサイトメガロウイルス感染について
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26277571/
・切迫早産の入院中の診療内容(主に子宮収縮抑制剤の長期投与に関する注意点について)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31215479/
・妊娠中の腹部手術(主に卵巣嚢腫や虫垂炎への腹腔鏡手術について)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29909089/
・妊娠中の長期安静に伴う筋力低下やリハビリテーション
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31117870/
・つわりに伴う栄養障害(主にビタミンK不足について)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/25797877/
・妊産婦の自殺企図と精神疾患の関連性
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32369685/
・骨盤内炎症性疾患に対する治療(主に手術やクラミジア治療について)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30312389/
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31135738/

資格

2012年 NCPR(新生児蘇生法)専門(A)コース修了認定
2015年 産婦人科専門医取得、NCPRインストラクター(Jコース)修了認定、検診マンモグラフィ読影認定(千葉県)
2018年3月 公衆衛生学修士取得

対応可能外国語

English

この先生が書いた記事

医療関係者の方へ

小児科オンライン/産婦人科オンラインにご協力いただける
小児科医・産婦人科医・助産師の方を募集しています。